プレビ劇場

インターネットチケット予約

open

インターネットチケット予約

インフォメーション

   

宝塚歌劇 宙組東京宝塚劇場公演千秋楽
「朝夏まなとラストデイ」ライブ中継開催決定!

朝夏まなと ©宝塚歌劇団©TAKARAZUKA Creative Arts

2017年11月19日(日)、宝塚歌劇 宙組トップスター朝夏まなとの退団公演となる、ミュージカル・プレイ 『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~ 、レヴューロマン 『クラシカル ビジュー』の東京宝塚劇場公演千秋楽を、ライブ・ビューイングいたします。
『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~は、1916年、革命前夜のロシアを舞台に、ロマノフ王朝の権威を取り戻そうと模索する軍人 ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフの愛と葛藤の物語をドラマチックに描いています。 そして『クラシカル ビジュー』は、色とりどりの煌めきを放つ宙組メンバーを、あまたの宝石(ビジュー)になぞらえた場面で構成するレヴュー作品です。伝統的な男役の美しさを体現する朝夏まなとの魅力を、様々な光を放つ宝石に投影し、その輝きを最大限に味わえるレヴューをスクリーンでもご堪能いただけます。
そして本公演は、この東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団する朝夏まなとのラストステージです。 伸びやかな歌と、エネルギッシュなダンス、そして繊細かつ大胆な演技で舞台を彩ってきた朝夏まなとの集大成となる耀きは必見です。さらにライブ中継では公演はもちろん、サヨナラショー、退団者挨拶まであますことなくお届けします。



Superfly 10th Anniversary Premium LIVE〝Bloom〞
ライブ・ビューイングの詳細が決定!

superfly

2017年11月15日に東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアルにて開催される 『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”』のライブ・ビューイングが決定!
Superfly初となるライブ・ビューイングは、デビュー10周年を記念したオーケストラ編成のプレミアライブ!!是非、大スクリーン・リアルタイムでお楽しみください!!



宝塚歌劇 花組 TBS赤坂ACTシアター公演
『ハンナのお花屋さん —Hanna’s Florist—』ライブ中継開催決定!

ハンナ ©宝塚歌劇団©TAKARAZUKA Creative Arts

2017年10月22日(日)にTBS赤坂ACTシアターで上演される、宝塚歌劇 花組公演 Musical『ハンナのお花屋さん —Hanna’s Florist—』を、ライブ・ビューイングいたします。
本公演はロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒースの一角にある花屋 “Hanna’s Florist(ハンナのお花屋さん)”を舞台に、21世紀を生きる人々の本当の幸せや人生の豊かさを問いかける、演出家 植田景子によるオリジナルミュージカル。
花組トップスター 明日海りお演じるデンマーク人のフラワーアーティスト クリス・ヨハンソンや、トップ娘役 仙名彩世演じるミア・ペルコヴィッチをはじめ、個性溢れるキャラクターが登場し、彩り豊かに描かれるミュージカルを全国各地の映画館に生中継でお届けいたします。
明日海りおの爽やかな魅力と共に、ハートウォーミングなひと時をぜひ映画館でもお楽しみください。



宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演
『All for One』千秋楽ライブ中継開催決定!

月組 ©宝塚歌劇団©TAKARAZUKA Creative Arts

2017年10月8日(日)に上演される、宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演、三井住友VISAカード シアター 浪漫活劇(アクション・ロマネスク)『All for One』~ダルタニアンと太陽王~ 千秋楽の模様を、ライブ・ビューイングいたします。
『All for One』は、今なお世界中で愛される世界の古典・デュマの「三銃士」をもとに、脚本・演出を手掛ける小池修一郎が新たな発想で紡ぎ出すロマンチック・アクション・ミュージカル。
ダルタニアン役に月組トップスター 珠城りょう、ルイ14世役にトップ娘役 愛希れいかを配し、ルイ14世の為に立ち上がるダルタニアンの愛と勇気の冒険を、共に戦う三銃士との友情を交えて壮大なスケールで描き出しています。
ドラマティックなパフォーマンスはもちろん、宝塚歌劇ならではの華やかさも加わり繰り広げられる浪漫活劇(アクション・ロマネスク)は必見です! 月組が魅せる、愛と勇気で彩られたエネルギッシュなステージをぜひお近くの映画館でお楽しみください。



ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海
大千秋楽ライブビューイング決定!

tenimu ©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト ©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

2017年10月1日(日)TOKYO DOME CITY HALLで上演される、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海 大千秋楽公演をライブビューイングすることが決定した。
2014年11月に始動したテニミュ3rdシーズン。現在までに本公演5作品を上演し、公演楽曲を使用したコンサート「Dream Live」(通称「ドリライ」)や、新たに誕生した学校別のイベント「TEAM Live」「TEAM Party」など、様々な新しい挑戦を続け、3rdシーズンは通算公演数300回を突破した。
7月14日(金)より全国5都市、及び上海で巡演中の最新公演「青学(せいがく)vs立海」では、関東大会を勝ち進んだ青学(せいがく)と、圧倒的な強さで全国を制覇してきた立海との関東大会決勝の激戦が描かれる。
チーム一人一人が全国レベルの実力を持つ絶対王者・立海に青学(せいがく)の面々はどう立ち向かうのか―。 手に汗握る白熱した試合を映画館の大スクリーンで目撃しよう!

【STORY】
テニスの名門校・青春学園中等部 (青学(せいがく)) に入学してきた越前リョーマは、アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持つ、テニスの天才少年。強豪揃いのテニス部で、その圧倒的な強さとテニスセンスを武器に、異例の1年生レギュラーとして活躍していた。
激戦区の都大会で優勝し、関東大会緒戦で前年度の都大会優勝校・氷帝学園中等部と対戦。勝利を収めるも、跡部との激闘の末に肩を痛めた手塚は、治療のため九州へ。部長不在となった青学(せいがく)だが、続く緑山戦でも快勝し見事全国大会行きを決めた。そして準決勝で六角中に勝利し、決勝へと進む。相手は、全国三連覇を目指す王者・立海大附属中学校。部長の幸村不在の中、無敗を誓う真田をはじめ、コート上の詐欺(ペテン)師・仁王とレーザービームを得意技とする柳生のダブルス、唯一の2年生レギュラーの切原など、一人一人が全国レベルの実力を持つ。
関東大会決勝戦―。今、戦いの火蓋が切って落とされる…。

ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト
https://www.tennimu.com/


スケジュール開示及びチケット先売りについて

スケジュール開示

KIDSシネマカードにご入会中、もしくは新規入会を希望される方へ
2017年3月31日をもちましてキッズシネマカードは
終了させていただきました。

★現在ご入会のお客様★
有効期限内までご利用いただけますが、更新はお受け出来なくなります。
・表面のご鑑賞ポイントが有効期限内の場合
一般のシネマ・メンバーズカードへ、記載されている有効期限とポイントを移行致します。

ご了承の程、何卒お願い申し上げます。

TOPへ戻るTOPへ戻る